お茶の間勢の独り言

ジャニーズ事務所を緩く応援中。

週刊少年サンデー12号 MAJOR2nd感想

 HIHI Jets井上瑞稀くん、髙橋優斗くん、作間龍斗くん主演の『DIVE!!』(テレ東系ドラマホリック4月〜)の情報が、先日解禁されましたね。

 実は、この原作小説のコミカライズ版が、2007〜2008年にかけて週刊少年サンデーでも連載されていました。

 ……勿論、ヘビーサンデー愛読者の私も読んだ記憶があるのですが……
 

 ①絵柄が可愛い
 ②いつの間にか巻末常連


 という印象しかなく、肝心の内容をさっぱり思い出せない(笑)
 コミカライズに関しては、同時期に連載していた『魔王(斗真×山田出演映画の『グラスホッパー』の姉妹作)』と『ダレン・シャン』の出来が良かったためか、『DIVE!!』は埋もれていた気がしますね。
 

 (当時ですら)おっさん読者(+物好き)しかいないサンデーで、DKの上裸漫画やったって、流行るわけねーだろッ!!
 (悲しいツッコミ)
 

 ハイハイドラマは新鮮な気持ちで楽しもうと思います(笑)



●MAJOR2nd 223話 『合宿へ向け』
表紙:大吾&睦子
扉絵:風林&大尾一同


 ……前回の『睦子NTR』という衝撃回でヤキモキさせられた読者一同。

 一週休みのお詫びも兼ねてか、1ページ目から満拓センセーのご褒美が(笑)

 毎週下着てんこ盛りですが、NHKでどうやってアニメ化するんだろうと心配になりますね。 
 


 女目線から見ると、『ダラダラと着替えながら、男子(+大尾チーム)には聞かせられない㊙トーク』をするのはごく自然な描写(学生の頃を思い出す)なので(笑)、不快感なんて全くありませんし、むしろもっとやれッ!!
 
 ……ですが、『面倒くさい輩』に目をつけられないように気をつけてもらいたいところ。
 
 
 
 物語の流れとしては、

 ……正妻気取りの幼馴染(睦子)が他の男(魚住)に浮気心を起こしているうちに、今まで彼女に遠慮していたチームメイト達(アニータ&弥生)が、ここぞとばかりに大吾にアプローチを仕掛け始める……

 あっれっれぇ〜??

 MAJOR2ndって、更衣室お着替え漫画じゃなかったっけ??
 これじゃ、真っ当な恋愛漫画じゃないかっ!!
 (野球漫画です)

 
 中学生編の初期からフラグが貼られていたアニータが遂に動き出し、いやはや感無量です。
 ただ、チャンスに真っ先に飛びつくタイプって、『負けヒロインあるある』ですよね。

 陰ながら見守りつつ、『いつでもサポートする体制万全』の弥生の方が、ヒロイン争奪戦で一歩リードしている気がします。


 ……ちなみに、私の推しの道塁は……今週は出番なしッ!!
 (正確には、扉絵のみ登場)

 『魚住を引き入れた張本人』の本音を聞きたいところだけど、合宿までお預け??

 
 『(魚住の加入を断ったとしたら、)茂野君にガッカリするとこだった〜』と道塁は思っており、一部で物議を醸していた模様ですが、これって道塁が大吾を評価しているからこそ、出てくる感想ですよね??
 
 言い換えるなら、『(私の期待通り、)茂野君は懐の深い男ね』ってことでしょうよ。
 (まぁ、ネガティブ表現にしているのは、『道塁→大吾』の感情を暈すためかと)

 あと、道塁のラブコメ本格参戦は、蟹が大吾に興味を示してからだと思われ。
 (『玉の輿』が実現できる相手は、他にも渉か寿くんがいるけれども。)
 蟹が大吾にちょっかい出そうとするところを目撃して、道塁がヤキモキし出すのですよ、きっと!!
 

 ちなみに、ラブコメ的に盛り上がるだけでなく、野球部漫画的にも盛り上がっているのも見逃せない。

 すっかり大吾に懐柔されてる仁科(真ヒロイン?)だけでなく、性格悪い辛口キノコも大吾のレベルアップに力を貸しており、なんならキノコは大吾の力量を評価している!!(これは素直に驚き)

 『居場所を奪われるかも』と苦悩する大吾ですが、今週号を見た限りそんなことない。
 今までの大吾の努力を部員(但し睦子は除く)は理解していて、大吾を支持している。(≠お情け)

 大吾のレベルアップもそろそろ近そう。

 

 ……(睦子を除く)風林野球部の人間関係が上手く行っているのは微笑ましいのですが、どことなく暗雲立ち籠めているような気がするのは、アニータ&弥生がエントリーしたがために、睦子がまたひと暴れしそうなんですよね(笑)
 道塁派としては、『睦子の正ヒロイン離脱路線』は歓迎ですが、やり過ぎも良くないわけで。
 
 
 『光の言うとおり、“女子会”から抜けるべきだった……っ!!』

 なんて大吾が思い返すような事態にならないよう、祈るばかり。
 風林野球部(+大尾)は恋愛模様が複雑し過ぎて、いつ崩壊してもおかしくない状況ですからね。