お茶の間勢の独り言

ジャニーズ事務所を緩く応援中。

週間少年サンデー17号 MAJOR2nd感想

 4月からMBS系列で、Aぇ!group出演の新番組★『関西ジャニ博』が始まります!!
 こちらはGyaOでの見逃し配信もあるようで、一日でAぇ!難民危機を脱しました(笑)
 (ぐれしょーも配信してちょ)

 Aぇ!ちゅーぶも楽しかったー。
 磯辺焼き風タコ焼きは思いつかなかったよ。
 (柚子胡椒やら出汁やら……はベタだと思う)
 ただ末さんよ、『練乳掛けタコ焼き(蛸抜き)』はルール違反じゃろう……タコ焼き対決になっとらん。

 すのちゅーぶは、先週から怒涛の滝沢歌舞伎動画攻撃(笑)
 無料でここまでお出しされると、申し訳なくなって、円盤買わなきゃっ!!……となりますね。
 はよ、円盤届かないかなー。
 
 Do8の目黒もニヤニング要素があってたまらん(笑)
 (リア恋勢にはしんどそうだが……)
 

●MAJOR2nd 227話 『先手必勝ッ!!』
扉絵:ベース踏んでる千里&ランナーコーチの大吾

 満拓先生、ページ配分を間違えてしまったのか、扉絵でも試合しています!!
 着替え成分がないとMAJOR2ndじゃないやい(笑)

【粗筋】
 道塁のバント&沢の犠牲フライのお陰で、風尾が先制一点奪取。
 カーブやスライダーの相手する羽目になってしまった4番打者の魚住は、残念ながら三振。

 攻守交代し、先発投手である仁科が遂に覚醒し……!?


 打ち抜きコマの道塁が、心做しかふくよかに見えるのですが……満拓先生の悪癖(ぽっちゃり好き)が出てきちゃってませんかぃ??

 大道派としては、道塁のバント成功後に大吾が話しかけてるシーンは見逃せませんね。
 控え要員になってしまったにもかかわらず、腐らずにチームメイト(控えになった原因を作った娘(笑))を褒められる点は、やっぱ大吾はデキた中学生ですね。
 そら、モテるよね。

 あ、魚道描写はスルーします(笑)
 魚住はな〜、良い奴ではあるが、渉の評価が低過ぎるため、『道塁の恋愛相手』としては現時点では不可!!
 挽回イベントがあれば、掌返します。


 あだち作品を始めとするサンデー野球漫画を読みまくっている私ですが、リアル野球には興味皆無&ルールを把握していないので、カニのバント評(バント=せこい)には同意(笑)
 技術的には凄いのですが、漫画だと描写が地味すぎますし。

 
 魚住、三振は可哀想(笑)
 対戦投手が『(女相手に油断したところに現れた)男バッター』に本気モードになるのは当然なので、今後の試合でも『上位男性バッターは初回打席では見せ場を作れない』流れは続きそうだ……
 

 攻守交代。

 先発投手を任された仁科きゅん、めっちゃ舞い上がっていてトニカクカワイイ

 『俺のワンマンショーが始まるぜーっ!!』

 あ、これいつものパターンだと噛ませになるやつ〜……と思ったら、今回は違いました。


  投手中の、冷酷視線の顔面アップが格好えぇ!!
 そしてなにより、ノゴローを彷彿とさせるジャイロボール風投球フォーム&帽子落ちカットにより、『仁科が一皮剥けた』ことが伺えます。
 (いや、『ジャイロボール』は今作ではないと思うがね(笑))


 着替え漫画だJC漫画だなんだの言われているが、高校編やる気あるから!!
 ちゃんとイケメンプレーヤー描けるから!!

 ……と満拓センセーが主張しているかのように見えましたね。
 
 
 仁科きゅんLOVEの千代姉だけでなく、ノゴロー信者の道塁&寿くん(笑)が雌の表情を向けている点からも、寿くんによる『仁科ノゴロー化計画』が順調にいっていることが伺えます。
 仁科きゅん、(寿くんから)逃げて!!

 このままミスなく、投手交代まで投げきってほしいわ〜。
 大吾を活躍させるために、(作者のお決まりパターンとして)仁科か魚住にミスさせるんだろうけど、レ◎プ目仁科は見たくない。

 
 つか、睦子が『仁科の活躍を不服に思っている』のが露骨に出ているのが……ちょっと(ヒロイン&副部長として)キッツいね。
 
 メタ的には、仁科は高校編での大吾のパートナーキャラになる以上、仁科の戦力アップは読者全員にとって喜ばしいこと。
 それなのに、作中キャラが仁科の活躍に嫉妬しているのは、あまり感じ良くはない(笑)


 
 あと、寿くんは大河には『正しい大吾評』を伝えとけよ!!
 指導者間で方針ブレているのは良くないでしょ。